株式会社POINT EDGE マーク
株式会社POINT EDGE

意味を,デザインする.

CONTACT

CASE012:特殊潤滑剤製造メーカーのDX支援

自社のあり方や提供価値の評価・再定義を繰り返し、解決が次の課題を露呈させ、その課題の解決をまた創造する "終わりなき探求"を伴走支援しました。

CASE011:総合エネルギー物流企業の次の主幹事業につながるDX事業創成支援

自社らしさを定義し、「アセットを上手く活かした事業アイデア」という方針のもと、ワークショップ形式で新事業創成とチームビルディングを支援しました。

CASE010:三井デザインテック社のデザイナーと将来の事業展開を創造する実践的DXワークショップ

リアルとデジタルそれぞれの特徴を生かした働き方も含め、ワークスペースをどう構築するか、社内のデザイナー教育活動の一環としてDXワークショップが行われました。

CASE009:シノケングループの新しい会社「株式会社ルミナス」のVI確立

イメージマッピングを通じて競合ブランドを分析し、競争力のあるブランド・イメージキーワードを導出。 ブランドを通じて明るく信頼できるクリアさを盛り込みました。

CASE008:大手素材メーカーのDXプロジェクト推進支援

課題は、部門ごとのデジタル化は進んでいるが、全社的なDXの動きがないこと。“DXの手がかりを見つける手段”としてワークショップ形式のアイディエーションを支援。

CASE007:大手製造業のオープンイノベーション部門ブランディング支援

「自分たちは何者なのか」「何を目指しているのか」「どのような活動を行っているのか」クライアント部門のアイデンティティを再定義していくブランディング支援を実施。

CASE006:日本のルーツをつたえるブランドメディア「つたう IZUMO to YAMATO」の立上げ

島根県・奈良県共催の特別展「出雲と大和」のプロモーションとして、Webメディア「つたう IZUMO to YAMATO」の立上げと見本市イベントを開催しました。

CASE005:Francfranc 新業態ブランド「U.F.O by Francfrac」ビジュアル制作

ブランドコンセプトを表現するために、大切にしたのはサイトの全体的なデザインの方向性とキービジュアル。2つの軸をたて、4象限で整理することで表現方法を模索。

CASE004: J&J事業創造 新規事業のコンセプトデザイン・アイディエーション支援

クライアントは決済企業と旅行業を持つ企業同士が出資した合弁会社。両社の経営資源とパートナー企業とのコラボを通じて新規事業を数多く生み出すことがミッションでした。