株式会社POINT EDGE マーク
株式会社POINT EDGE

意味を,デザインする.

CONTACT

意味を,
デザインする.

私たちは、ビジネスの課題設定からコンセプトの定義、ブランディングまで、「意味をデザイン」するビジネスデザイン集団です。

私たちのアプローチは、これ一つと言えるものではなく、多様で複雑です。ビジネスの在り方や置かれた環境は一様でなく、適切なアプローチの選択を重ねることで、ゴールに到達できると信じているからです。

動かなければ、ビジネスにはならない。自明の理ですが、多くの企業が乗り越えるべき課題でもあります。だから、私たちは「言葉」を大事にします。複雑な課題も、組織のビジョンも言語化し、正しく、深く伝わるように。そして、ビジネスの未来を実現するために、どこまでも並走します。

「言葉」を武器に、ビジネスのあるべき姿を実現していく。これが、私たちの考えるビジネスデザインです。

SERVICE

BUSINESS

management

顧客体験と事業のフィージビリティが共存する生態系のデザイン

  • Business Concept
  • Business Strategy
  • Service Design
  • Interface Design
  • Business Development

BRAND

management

世界観を言葉・ビジュアルへと昇華し共感させる仕組みのデザイン

  • Brand Strategy
  • Brand Identity
  • Inner Branding
  • Brand Experience
  • Advertising

DX

management

多様性を受け入れアイデアと文化が生まれる変化のデザイン

  • DX Workshop​
  • DX Strategy​
  • DX Assessment​
  • DX Project Management
  •  

WORK
/BLOG

【イベントレポート】エンジニア出身DXリーダーが語る、大企業でプロジェクトをスタックさせないtipsとcase

8/26にTECH PLAYで開催した、エンジニア出身のリーダー経験者が語る 失敗から学んだ「DXプロジェクトをスタックさせないtips」イベントレポートです。

CASE009:シノケングループの新しい会社「株式会社ルミナス」のVI確立

イメージマッピングを通じて競合ブランドを分析し、競争力のあるブランド・イメージキーワードを導出。 ブランドを通じて明るく信頼できるクリアさを盛り込みました。

POINT EDGE 公式 note はじめました!

POINT EDGEでは、多様なバックグラウンドを持ったメンバーがそれぞれにマガジンを持ち、定期的にコラムを発信しています。

【イベント】DXリーダーが語るプロジェクトをスタックさせないtipsとcase【8/26開催】

経営からの理解や適切な予算が承認されない。現場の協力が得られない。そんな状況を切り抜けたDX推進リーダーから過去のケースより学べるtipsを共有します。

CASE008:大手素材メーカーのDXプロジェクト推進支援

課題は、部門ごとのデジタル化は進んでいるが、全社的なDXの動きがないこと。“DXの手がかりを見つける手段”としてワークショップ形式のアイディエーションを支援。

【イベントレポート】「既存の商習慣」を変革するプロダクト事例「不動産DXプロジェクトの3つの壁」を紹介!

4/22にTECH PLAYで開催した「既存の商習慣を変革するプロダクトの課題と開発舞台裏」に代表の友松が登壇しました。本記事はイベントレポートになります。