株式会社POINT EDGE マーク
株式会社POINT EDGE

意味を,デザインする.

CONTACT
Service
BUSINESS management
BUSINESS management
顧客体験と事業のフィージビリティが共存する生態系のデザイン
POINT EDGEのビジネスデザインは、コンセプト開発、サービスモデルの設計や参入戦略の策定、立上げに必要なプロダクトや事業プロセスの設計など、初期のアイディエーションから事業が動く段階まで、事業開発をトータルで支援し、ユーザーと企業の双方がベネフィットを享受できる「エコシステム」を生み出します。
 SERVICE LINE 
Business Concept
コンセプトのアイディエーションや提供価値の定義、事業仮説の構築を行います。
Business Strategy
事業スキーム、マネタイズの仕掛け、参入戦略など、事業モデルを持続可能な仕組みに落とし込みます。
Service Design
ペルソナやカスタマージャーニーマップ、JTBDキャンバスなどを用いて、より詳細なサービスモデルの設計を行います。
Interface Design
デジタル/リアルのユーザー接点におけるサービスインターフェイスを設計・開発します。
Business Development
事業の立上げに必要なプロダクト、組織、プロセスを具現化します。
BUSINESS managementの事例を見る
BRAND management
BRAND management
世界観を言葉・ビジュアルへ昇華し共感を広める仕組みのデザイン
POINT EDGEでは、ブランディングを「人づくり」と捉えています。単に外形を整えるだけでなく、ブランドを形づくり、共感の輪を広げていく主体メンバーがブランドの価値観と一体化することを重視し、一過性で終わらないブランドの仕組みを伴走しながら築き上げていきます。
 SERVICE LINE 
Brand Strategy
ブランドのコンセプト開発や育成シナリオ、ポートフォリオ管理の戦略を構築します。
Brand Identity
ブランドビジョンを定め、ネーミングやタグライン、ロゴやビジュアルコンセプトなどのCI/VIを定義します。
Inner Branding
ブランドオーナーの意識づけや組織の仲間づくりにより、内面からブランドの世界観を醸成します。
Brand Experience
商品、Webサイト、店舗など、ファンとのあらゆる接点を統合的にデザインします。
Advertising
動画、フライヤー、ポスターなどのクリエイティブ制作やデジタル広告の企画および運用を行います。
BRAND managementの事例を見る
COMMUNITY management
DX management
多様性を受け入れアイデアと文化が生まれる変化のデザイン​
DXに向けた現状のアセスメントからDXの方針/コンセプトの作成、経営計画に呼応した形でのDX戦略の立案まで、担当部門の方々と伴走する形で策定から実行までの支援を行います。
 SERVICE LINE 
DX Workshop​
社内のワークショップやハッカソンなどの参加型イベントを企画・運営します。
DX Strategy​
DX浸透に向けた制度設計や戦略立案を支援します。​
DX Assessment​
現状のDXに関する取り組みを調査し、課題の洗い出しと対策の立案を実施します。​
DX Project Management​
DXプロジェクトの効果を最大化するプロジェクトマネジメントを実施します。​
DX managementの事例を見る

What’s New?

最新記事

【イベントレポート】「既存の商習慣」を変革するプロダクト事例「不動産DXプロジェクトの3つの壁」を紹介!

4/22にTECH PLAYで開催した「既存の商習慣を変革するプロダクトの課題と開発舞台裏」に代表の友松が登壇しました。本記事はイベントレポートになります。

DXに適した人材とは?
-DXコラムVol.4-

第4回目はDX推進に適した人材についてです。ここでも「DX=変化への適応」をうまく分解し、人材登用に活かす戦略をオススメしています。

CASE007:大手製造業のオープンイノベーション部門ブランディング支援

「自分たちは何者なのか」「何を目指しているのか」「どのような活動を行っているのか」クライアント部門のアイデンティティを再定義していくブランディング支援を実施。

DX適応への具体的なアプローチ
-DXコラムVol.3-

第3回目はDX推進の具体的な説明です。多くの組織で、企画まではスムーズだが、実施となると苦労するという言葉を聞きます。

【イベント】商習慣の変革を乗り換えるためのプロダクト開発【4/22開催】

「既存の商習慣」の変革に向き合い、それらを乗り越えてきたプロダクトが直面した課題や壁について、プロダクトをローンチする3社が登壇。

DXには変化への「理解」が大事
-DXコラムVol.2-

DXコラム第2回目は<DX=変化>にどのように<適応>していくか、自分なりのアプローチを説明していきます。

Pocket